資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

米国公認会計士(CPA)

【資格概要】
米国公認会計士(CPA)は米国の会計基準に基づいて、税務、監査業務、会計をコンサルティングできる資格。【資格区分】民間資格

【仕事】
国際会計標準の導入、社会のグローバル化により注目されている資格。
そのため外資系企業だけではなく日本企業に就職、転職に有利。

【難易度】
米国公認会計士(CPA)のほうが日本の公認会計士より簡単。
だからといって簡単に米国公認会計士(CPA)取得できるものではない。
また英語力も求められる。

【受験資格】
州によって異なる。
原則として4年制大学卒業者・卒業見込み者で会計、ビジネス関係の単位取得者。

【取得方法、期間目安、お金】
取得するためにはスクールに通うのが一般的。
1年以上。スクールに通えば約70万ぐらい。

【受験内容】
監査及び証明業務、財務会計、法規、ビジネス環境及び諸概念など。

【お申し込み期間】

【試験期日】
年4回。1・2月、4・5月、7・8月、10・11月の4期あり、最大4回受験可能

【受験地】
アメリカ各州のプロメトリック・テストセンター

【受験料】
アメリカの各州によってちがう

【問い合わせ】
The Uniform CPA Examination
【スクール・通信】
【お勧め教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング


年末モード/TOEICの結果が届きました。/フットサル/Building our dream! : BATIC(バティ.../'米国公認会計士'の仕事/日興粉飾決算/ノロウィルスの語源はNorwalk/[ういさん]/あるサラリーマンのみた風景 : 米国公.../[雑記帳]米国上場企業の内部統制の重.../中小企業診断士への道/公開・引受部門の募集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。