資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

弁理士

【資格概要】
弁理士は発明や商標などの産業財産権を特許庁に出願する手続きを代行するのが仕事。【資格区分】国家資格

【仕事】
弁理士の人数は絶対的不足しているため需要は抜群。またこの資格の大きな魅力は高収入が見込めること。事務所に通勤している人でも1,000万以上がいる。また独立すれば1億稼ぐ人もいる。ただ取得も後も常に勉強しなくてはいけない。

【難易度】
難しい。合格率は7%〜8%

【受験資格】
誰でも受験可能。

【取得方法、期間目安、お金】
難しい資格のためスクールに行って勉強するのをすすめる。
3年〜4年かかる。(1年で合格する人もいる)
スクールに通えば80万ぐらい。

【受験内容】
筆記試験(短答式):特許法、実用新案、意匠および商標法、工業所有権に関する条約、著作権法・不正競争防止法。
筆記試験(論文式):(必須科目)特許法+実用新案法、意匠法、商標法。
(選択科目)7科目から選択する。
地球工学、機械工学、物理工学、情報通信工学、応用化学、バイオテクノロジー、弁理士の業務に関する法律

口述試験:10月。

【お申し込み期間】
4月。

【試験期日】
筆記試験(短答式):5月下旬。
筆記試験(論文式):7月上旬〜下旬2日間。
口述試験:10月。

【受験地】
筆記試験(短答式):仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
筆記試験(論文式):東京、大阪
口述試験:東京
【受験料】
12,000円(特許印紙)

【問い合わせ】
特許庁
【スクール・通信】
【お勧め教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。