資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

宅建(宅地建物取引主任者)

【資格概要】
宅建(宅地建物取引主任者)は宅地、建物取引、不動産の建物基準法・都市計画法などの顧客説明など円滑な不動産取引ができる資格。社会的にも重要な資格で不動産業界では必須の資格といっても過言ではない。【資格区分】国家資格

【仕事】
取得すれば就職、転職に有利。また不動産業界以外でも評価が高い。

【難易度】
やや難しい。合格率は15%ぐらい。

【受験資格】
誰でも受験可能。

【取得方法、期間目安、お金】
難易度は高いほうなのでスクールや通信教育で勉強するのが合格への近道。
6ヶ月以上。スクールに通えば10万〜20万ぐらい。

【受験内容】
試験は、宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が、 次の内容のおおむね全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。
(試験の内容−宅地建物取引業法施行規則第8条)
a:土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
b:土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
c: 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
d: 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
e: 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
f: 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
g: 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。
ただし、宅地建物取引業法第16条第3項の規定による講習の課程を修了し、講習修了者証の交付を受けた者については、 同法施行規則第10条の5の規定により,a及びeに関する問題が免除されます。

【お申し込み期間】
7月。

【試験期日】
10月。

【受験地】
全国各地実施。原則的に受験者が居住している都道府県の会場。

【受験料】
7,000円

【問い合わせ】
(財)不動産適正取引推進機構試験部

【スクール・通信】
資格★合格クレアール
クレアールは12の専門スクールを展開し、同一講義を全国に発信。独自の「非常識合格法」「合格ナビシステム」により科学的・合理的・経済的に資格試験の合格を目指します。詳しい資料を無料で急送します。


【全教振グループ】
資格取得を目指す通信講座を多数開講し「通学同等型講座」により、通信講座でありながら、通学と同等の指導をしています。FAXやEメールでの学習質問の回答を実現した「ZISS個別指導」や重要項目をCD・ビデオに収録した「合格方程式」といった万全のサポート体制で受講生を応援しています。TVCM放送や厚生労働省指定教育訓練給付講座を多数開講し、ラジオNIKKEI放送においてラジオ講座放送実施校(日本メディカルスクール)として信頼と実績を得ております。資料請求無料


【お役立ち教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。