資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

土地家屋調査士

【資格概要】
土地家屋調査士は建物を新築したり土地の用途を変更する際に不動産の表示に関する登記の申請するのが仕事。【資格区分】国家資格

【仕事】
この資格の大きな魅力はあまり経済の好不況を受けない安定性があること。独立も可能な資格。ただ独立すれば営業力が必要。期待できる年収は500万〜1500万ぐらい

【難易度】
難しい。合格率は5%〜6%

【受験資格】
誰でも受験可能。

【取得方法、期間目安、お金】
取得するためにはスクールを通うことを勧める。
1年〜2年ぐらい。スクールに通うと約50万ぐらい。

【受験内容】
筆記1次:土地家屋調査士の業務を行うにつき必要と求められるもの
筆記2次:平面測量、作図
口述:土地家屋調査士の業務を行うにつき必要と求められる知識

【お申し込み期間】
6月。

【試験期日】
筆記:8月。
口述:11月。

【受験地】
法務局が指定した場所。

【受験料】
7,200円。

【問い合わせ】
法務省
【スクール・通信】
【お勧め教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。