資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

消費生活アドバイザー

【概要】
消費生活アドバイザーは、消費者や企業・行政のパイプ役として消費者の相談や苦情を相談したり、消費者の立場から製品開発のアドバイスができる資格。【資格区分】公的資格

【仕事】
取得すれば就職、転職に有利。活躍場所はサービス業、製造業、流通業など多岐にわたっている

【難易度】
やや難しい。合格率は17%前後

【受験資格】
誰でも受験可能

【取得方法、期間目安、お金】
独学でも可能だが通信教育やスクールに行くと効果的な勉強ができる。1年ぐらいで取得可能。通信教育だと5万〜15万ぐらい

【受験内容】
1次試験:消費者問題、消費者のための行政・法律知識、消費者のための経済知識、生活基礎知識。
2次試験:論文、面接。

【お申し込み期間】
8月

【試験期日】
1次試験:10月
2次試験:11月

【受験地】
札幌、東京、名古屋、大阪、福岡

【受験料】
12,600円

【問い合わせ】
財団法人日本産業協会
【スクール・通信】
【お勧め教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。