資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

社会福祉士

【資格概要】
社会福祉士は福祉に関するさまざまな相談、依頼することができるエキスパートを養成するために創設された資格。【資格区分】国家資格

【仕事】
高齢化社会に伴ってニーズや需要は抜群である。資格を持っていなくても福祉相談業務はできるのだが近年取得者を優先的に採用するのが高まっている。また一定の経験を積んで独立ができるのもこの資格の大きな魅力。年収は400万〜1,000万ぐらい。

【難易度】
やや難しい。合格率は30%ぐらい。

【受験資格】
(1)4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
(2)2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
(3)社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した者
(4)児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者

【取得方法、期間目安、お金】
大学や短大,専門学校で学ぶ。大学に行けば400万ぐらいかかる。

【受験内容】
社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、心理学、社会学、法学、医学一般、老人福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、社会福祉援助技術及び介護概論

【お申し込み期間】
9月〜10月。

【試験期日】
1月下旬。

【受験地】
北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県及び沖縄県

【受験料】
12,100円

【問い合わせ】
財団法人社会福祉振興・試験センター

【スクール・通信】
【全教振グループ】
資格取得を目指す通信講座を多数開講し「通学同等型講座」により、通信講座でありながら、通学と同等の指導をしています。FAXやEメールでの学習質問の回答を実現した「ZISS個別指導」や重要項目をCD・ビデオに収録した「合格方程式」といった万全のサポート体制で受講生を応援しています。TVCM放送や厚生労働省指定教育訓練給付講座を多数開講し、ラジオNIKKEI放送においてラジオ講座放送実施校(日本メディカルスクール)として信頼と実績を得ております。資料請求無料


【お勧め教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。