資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

精神保健福祉士

【資格概要】
精神保健福祉士は精神障害者の社会復帰の相談、助言、アドバイスなどを行うのが業務。女性のほうが取得者は多い。【資格区分】国家資格

【仕事】
就職先は医療機関や保健所、精神保健医療センターなどさまざまな活躍フィールドがある。欧米に比べ精神障害者に対するサービスができる人材が不足している。また社会の健全な福祉社会を目指す動きが増えており今後果たす社会的役割は大きい。そのため将来性やニーズはある。推定年収は300万以上。

【難易度】
普通よりやさしい。合格率は60%ぐらい。

【受験資格】
(1)4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
(2)2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者
(3)精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した者
(4)精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した者

【取得方法、期間目安、お金】
大学や養成所で学ぶ。4年以上かかる。大学だと400万ぐらい。

【受験内容】
精神医学、精神保健学、精神科リハビリテーション学、精神保健福祉論、精神保健福祉援助技術、社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、心理学、社会学、法学及び医学一般

【お申し込み期間】
9月上旬から10月上旬

【試験期日】
1月下旬

【受験地】
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県

【受験料】
11,500円

【問い合わせ】
財団法人社会福祉進行・試験センター
【スクール・通信】
【お勧め教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。