資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

理学療法士

【概要】
理学療法士は病気や事故で身体に障害を持った人に物理的療法を行いながら機能回復を図り社会復帰を行うのが役割。【資格区分】国家資格

【仕事】
取得すれば就職できるのは確実。ただ人数が増えてきてるので希望の就職先が選ぶのは難しいかもしれない。実力しだいでは高収入が期待できる。

【難易度】
養成所を卒業すればほぼ全員合格するぐらい簡単。ただ文部科学大臣指定の学校を入学するのが結構難しい。

【受験資格】
文部科学大臣指定の学校を修了するのが条件。

【取得方法、期間目安、お金】
指定の学校や養成所で勉強する。3年以上かかる。かかるお金は約240万円。

【受験内容】
一般試験:解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む。)、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び理学療法
実地試験:運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む。)及び作業療法。

【お申し込み期間】
1月。

【試験期日】
3月上旬。

【受験地】
一般・実地試験:北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県及び沖縄県
口述・実技試験:東京

【受験料】
10,100円

【問い合わせ】
厚生労働省

【スクール・通信】
【全教振グループ】
資格取得を目指す通信講座を多数開講し「通学同等型講座」により、通信講座でありながら、通学と同等の指導をしています。FAXやEメールでの学習質問の回答を実現した「ZISS個別指導」や重要項目をCD・ビデオに収録した「合格方程式」といった万全のサポート体制で受講生を応援しています。TVCM放送や厚生労働省指定教育訓練給付講座を多数開講し、ラジオNIKKEI放送においてラジオ講座放送実施校(日本メディカルスクール)として信頼と実績を得ております。資料請求無料


【お勧め教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。