資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

ボイラー技士

【概要】
ボイラー技士は病院、工場、ビルのボイラーに関する業務を行える認定資格。【資格区分】国家資格

【仕事】
就職先は管理会社、ホテル、病院など。ニーズはあり、安定した収入と地位の保証がある。上級になれば大規模なボイラーが扱える。

【難易度】
普通。ただ上級は30%〜40%ぐらいでやや難しい。

【受験資格】
各級によってさまざまな規定がある。

【取得方法、期間目安、お金】
2級は協会が行う実技を学ぶ。上級は独学でもスクールでも合格可能。

【受験内容】
ボイラーの構造、ボイラーの取扱い、燃料、燃焼、関係法令。

【お申し込み期間】
全国各地によってちがう。

【試験期日】
全国各地によってちがう。

【受験地】
全国各地の安全衛生技術センター

【受験料】
8,300円

【問い合わせ】
社団法人日本ボイラ協会
【スクール・通信】
【お勧め教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。