資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

ソフトウェア開発技術者

【資格概要】
ソフトウェア開発技術者はソフトウェア開発において幅広い業務をこなせるだけの知識や技能が有するか検定する資格。【資格区分】国家資格

【仕事】
就職、転職に有利なのは間違いない。情報業界だったら新卒や20代の中途でなら書類審査で落とされることはないと考えてもいい。また取得者には奨励金が出る企業も多い。まあ高レベルの資格なのは間違いないので十分な勉強量、対策が求められる。

【難易度】
難しい。合格率は10%ぐらい。

【受験資格】
誰でも受験可能。

【取得方法、期間目安、お金】
独学でもスクールや通信教育でも合格可能。取得にかかる期間は1年以上。対策講座を受ければ約10万ぐらいかかる。

【受験内容】
午前の試験
コンピュータ科学基礎V、コンピュータシステムU、システム開発・運用U、ネットワーク技術U、データベース技術U、セキュリティーと標準化U
午後の試験
ソフトウェア工学に関する事、アルゴリズムに関する事、システム構成技術に関すること 、システム開発に関すること、通信ネットワークに関すること、データ構造及び、データベースに関すること、情報セキュリティに関すること、システム評価に関すること

【お申し込み期間】
1月〜2月。7月〜8月。

【試験期日】
4月、10月(年2回)

【受験地】
全国各地で実施。

【受験料】
5,100円

【問い合わせ】
独立行政法人 情報処理推進機構

【スクール・通信】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。