資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

樹木医

【概要】
樹木医とは、傷んだ樹木の診断や回復を行う、樹木の保護の指導を行う専門家。要するに木に関する医者のこと。【資格区分】
民間資格

【仕事】
造園業や農業に関する仕事に就く。ほとんどはまず造園業や農業に関するところに就職してから取得する人が多い。そのため受験者は40代以上の方が多いようだ。本業として樹木医している人はあまり多くないらしい。あくまで副業が多い。

【難易度】
やや難しい。合格率は20パーセントぐらい。

【受験資格】
(1) 業務経験が通算して7年以上あることが必要です。樹木医補の場合は認定後の業務経験が1年以上であることが必要です。業務経験とは樹木の保護、樹勢回復等に関する研究或いは実務に従事した期間です。
例えば、 ・ 大学及び研究所の教職員、研究員及び大学院生
(林学、農学、造園学、園芸学等)
・ 国、地方公共団体の農林・緑化関係職員
・ 農林業・緑化関係の公益法人、会社等の役職員
・ 農林高等学校、専門学校の教職員
・ 造園業、植木生産業、農業(果樹栽培等)、林業(伐採作業は除く)等の従事者 等或いはそのOBの方で、樹木医にふさわしい実績のある方が対象となります。
(2) (1)にかかわらず、次のいずれかに該当する方は、応募できません。
ア. 成年被後見人または被保佐人
イ. 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者
ウ. 公務員で懲戒免職の処分を受け、その処分を受けた日から起算して2年を経過しない者
エ. 樹木医の登録を取り消され、その取り消しの日から起算して2年を経過しない者
オ. 破産者で復権を得ない者

【取得方法、期間目安、お金】
独学が一番多いようである。樹木医7年以上。樹木医補1年以上。

【受験内容】
選択問題。論述問題。
樹木に関する内容。

【お申し込み期間】
詳しくは、財団法人 日本緑化センター

【試験期日】
研修受講者選抜試験:7月下旬。
研修:10月。

【受験地】
試験:仙台、東京、名古屋、大阪、福岡。
研修:つくば。

【受験料】
研修受講者選抜試験:18,000円
研修:65,000円

【問い合わせ】
財団法人 日本緑化センター

【スクール・通信】

【お役立ち教材】

【合格体験記】
日本樹木医会

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。