資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

ビオトープ管理士

【概要】
ビオトープ管理士とは、自然保護のためにさまざまな活動を推進していくのが仕事。【資格区分】
民間資格

【仕事】
自然環境が注目されている現在、社会的な需要は高まっていく。建築業界や民間のシンクタンク研究者にとっては有効な資格といえる。ただこの資格だけで就職するのはなかなか難しいようだ。

【難易度】
やや難しい。合格率10%〜20%ぐらい。

【受験資格】
2級は、誰でも受験可能。
1級は、一定の実務経験が必要。

【取得方法、期間目安、お金】
独学や講習を受けて勉強する。3ヶ月以上。通信教育だと1万円から5万円ぐらい。

【受験内容】
共通科目
生態学、ビオトーブ論、環境関連法。
専門科目
計画部門。施工部門。補足説明。

【お申し込み期間】
6月〜8月。

【試験期日】
9月下旬。1級の口述試験は12月。

【受験地】
札幌、仙台、東京、名古屋、金沢、大阪、福岡、郡山、新潟、鹿児島など全国各地で実施。

【受験料】
1級:13,000円。2級:9,000円。

【問い合わせ】
財団法人 日本生態系協会

【スクール・通信】

【お役立ち教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。