資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

造園施工管理技士

【概要】
造園施工管理技士は、造園工事にあたり、その施工におけるさまざまな諸工業を行うことができる資格。地球環境が問題になっている現在、都市さまざまなところで造園工事が実施されている。【資格区分】
国家資格

【仕事】
資格取得者の多くが造園関係の仕事に就く。1級が取得していれば造園工事を受け入れることができる。地球環境が問題になっているため今後もニーズが期待できる。

【難易度】
普通。合格率は50%〜70%ぐらい

【受験資格】
各級ともに実地経験が必要。さまざまな規定がある。

【取得方法、期間目安、お金】
受験するほとんどの人が独学で勉強するのが多い。通信教育もある。

【受験内容】
学科試験
土木工学、園芸学、林学、都市工学等、施工管理法、法規
実地試験
施工管理法

【お申し込み期間】
1級、2級とも5月〜6月。

【試験期日】
9月に実施。ただ1級の実地は12月。

【受験地】
札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、沖縄
など。

【受験料】
1級学科:10,400円。1級実地:10,400円。
2級学科・実地:10,400円。(実地のみ)5,200円。

【問い合わせ】
財団法人全国建設研修センター

【スクール・通信】
【お役立ち教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。