資格試験ナビ資格試験情報満載

資格試験に関する情報をドカンと紹介

公害防止管理者

【概要】
公害防止管理者は、工場から出るばい煙や廃液など環境を害するものを防ぎ管理するのが仕事【資格区分】
国家資格

【仕事】
地球環境が大きな問題になっている現在ニーズは多い。企業によっては、昇進が期待できるところもある。

【難易度】
結構難易度は高い。合格率は30%ぐらい。

【受験資格】
誰でも受験可能。

【取得方法、期間目安、お金】
独学や講習を受けて取得する場合が一般的。合格取得まで6ヶ月以上。

【受験内容】
大気関係第1種公害防止管理者
公害概論、 大気汚染法令、大気中のばい煙の拡散、
燃焼・ばい煙防止技術、有害物質処理技術、除塵・集塵技術、測定技術

大気関係第2種公害防止管理者
公害概論、大気汚染法令、燃焼・ばい煙防止技術、有害物質処理技術、
除塵・集塵技術、測定技術

大気関係第3種公害防止管理者
公害概論、大気汚染法令、燃焼・ばい煙防止技術、大気中のばい煙の拡散、除塵・集塵技術、測定技術

大気関係第4種公害防止管理者
公害概論、大気汚染法令、燃焼・ばい煙防止技術、除塵・集塵技術、測定技術

水質関係第1種公害防止管理者
公害概論、水質汚濁法令、汚水等処理技術一般、水質汚濁関係有害物質処理技術、測定技術

水質関係第2種公害防止管理者
公害概論、水質汚濁法令、汚水等処理技術一般、水質汚濁関係有害物質処理技術、測定技術

水質関係第3種公害防止管理者
公害概論、水質汚濁法令、汚水等処理技術一般、測定技術

水質関係第4種公害防止管理者
公害概論、水質汚濁法令、汚水等処理技術一般、測定技術

騒音関係公害防止管理者
公害概論、騒音関係法令、音の性質、騒音防止技術、測定技術

振動関係公害防止管理者
公害概論、振動関係法令、振動の性質、振動防止技術、測定技術

公害防止主任管理者
公害概論、公害関係法令、燃焼・ばい煙防止技術、汚水等処理技術一般、除塵・集塵技術、測定技術

特定粉塵公害防止管理者
公害概論、大気汚染法令、除塵・集塵技術、測定技術

一般粉塵公害防止管理者
公害概論、大気汚染法令、除塵・集塵技術、測定技術

ダイオキシン類関係公害防止管理者
公害概論、ダイオキシン関係法令、ダイオキシン類の排出防止技術、測定技術

【お申し込み期間】
7月。

【試験期日】
大気関係第1種〜4種、騒音、特定粉塵、一般粉塵、ダイオキシン関係:9月
水質第1種〜4種、振動、公害防止主任管理者:10月

【受験地】
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇

【受験料】
大気関係第1種・3種、水質第1種・第3種、ダイオキシン類関係、公害防止主任管理者:6,800円
大気関係第2種・4種、水質第2種・第4種、騒音、特定粉塵、一般粉塵、振動:6,400円

【問い合わせ】
社団法人産業環境管理協会

【スクール・通信】
【お役立ち教材】

【本の紹介】
楽天ブックス
160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!

資格試験ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。